MR インタビュー1

ホーム > 先輩社員紹介 > 営業部門 > MR インタビュー1

関西支店所属

入社からのキャリア
2014年4月入社
東京支店 配属 3年
関西支店 勤務

現在、担当しているのはどのような仕事ですか?

より多くの人に核医学が有意義であることを広め、患者さんに貢献するため勉強する

私は2014年4月に入社し、東京支店に配属となりました。現在は23区内と多摩地区の病院を担当し、診療科・放射線科の先生や放射線技師の方々を訪問しています。
訪問した際は、核医学の最新情報を提供することはもちろん、最近では、CTやMRIなど、他のモダリティの情報も踏まえて、核医学の有用性をお伝えするようにしています。また、情報収集や先生方からの要望、問い合わせへの対応もしています。

1人で病院を担当するようになり約2年が経ちましたが、まだまだ知識不足だと感じることもあります。上司や先輩からアドバイスをいただきながら日々勉強し、他部署の方と密にコミュニケーションをとることで、多くの情報を集められるよう工夫しています。

先輩、上司、後輩について教えてください

「そこに勤務年数は関係ない」とアドバイスされた

上司や先輩には、遠慮せず質問することができます。 上司からは質問の回答だけでなく、時には新たな課題が与えられることもあり、自身の成長のためにサポートしていただけるので、ありがたいと感じています。また、先輩の仕事に対する姿勢には、学ぶことが多いです。

以前、上司から「核医学の発展と営業成績のために、自分の意見を述べることは必要であり、そこに勤務年数は関係ない」とアドバイスをいただきました。厳しい言葉ではありますが、励みにもなるため、いつも心に留めて業務に取組むようにしています。

仕事の話はもちろん、プライベートな話も聞いていただけるので、公私ともにお世話になっています。

日本メジフィジックスを選んだ理由はどのようなことでしたか?

「あなたの知っているMRではありません」という言葉で、直感的に決断

私は大学で、農耕地の土壌の含有元素について研究していました。大学での研究と製薬業界ではかなり分野が違いますが、仕事を通じて社会貢献をしたいと就職先は製薬会社と決めていました。また、仕事をするなら人と違ったことをしたいという意識があったことも、放射性医薬品という耳慣れない分野に飛び込む決意をした一つです。

当時の日本メジフィジックスの採用サイトに書いてあった「あなたの知っているMRではありません」という言葉を見て、普通のMRではない?と気になったのが興味を持ったきっかけです。実際に入社してみて、確かに他社MRとは違った仕事環境だと実感しています。気になる方はぜひ、エントリーしてみてください!笑

今後の目標を教えてください

メリットのある提案ができるMRになりたい

今後の目標は、患者様や先生方、会社や自分、全員にメリットのある提案ができるMRになりたいと思っています。そのために、現在取り組んでいるのは、常に優先順位を考えることです。
まずは患者様にとってのメリット、次に先生方、会社そして自分へと範囲を広げて考えることで、今、自分が何をすべきなのかを明確にするよう心がけています。

現在、就職活動をしている学生に、アドバイスをお願いします

やってやるぞ!という熱意のある方を歓迎します!

企業選びは、「ここならずっと働ける」というフィーリングが重要ではないでしょうか。はじめは業界をいろいろ見て回り、その後で絞り込むといいと思います。

大学までは気の合う友達や研究室のメンバー、教授など少人数での関わりですが、社会人になると会社、上司、先輩、お客様、その他関係者など様々な方と関わるようになります。円滑に仕事をする上でもコミュニケーションは大切ですね。

もっと勉強したい、やってやるぞ!という熱意のある方が入ってくれると嬉しいですね。後輩には負けられない!と自分にもカツが入ります。

2017年4月現在

関連リンク

  • 核医学とは[別ウィンドウ]
  • 日本メジフィジックス企業サイト[別ウィンドウ]

採用に関するお問い合わせ

〒136-0075
東京都江東区新砂3-4-10

Tel
03-5634-7306
Mail
nmp-saiyo@nmp.co.jp

このページの先頭へ