研究職 インタビュー1

ホーム > 先輩社員紹介 > 研究部門 > 研究職 インタビュー1

創薬研究所所属

入社からのキャリア
2011年4月入社
創薬研究所 配属

現在、担当しているのはどのような仕事ですか?

既存薬の分析法や製造方法の改良検討をする

創薬研究所では、将来の医療動向を見据えながら、自社の強みを生かした新製品の研究開発や既存薬の改良検討を行っています。私の担当業務は主に既存薬の分析法を改良するための研究や、既存薬の製造方法の見直しなどです。既存薬の分析法の改良ではより効率性を高めてスピーディーに市場に出せるようにしたり、環境に有害な物質を使わない分析法の開発などを行っています。こうした仕事を通して製品の製造現場に出張し、他部門と交流する機会もあります。
仕事ではデータが思うように取れないなどトラブルが発生することもありますが、そのような状況下でも客観的に原因を探り、臨機応変に対応できることが重要となります。

この仕事で「一番うれしかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

共同開発で病院に薬剤の調製のお願いをするとき、説明を重ねて納得していただけた

以前、海外からの導入品を他社と共同開発していたときのことです。
忙しい病院スタッフに日常診療の合間にジェネレーターから溶出したRIとキット検査薬を混ぜるという薬剤の調製をお願いすることが大変心苦しかったのを覚えています。普段の作業とは異なる注意点などもあり、コツを覚えていただくために何度も説明をしたり、放射性医薬品特有の半減期があるため前日にも必要な作業があったり、当日の作業にも時間の制限があるなど多くのハードルがありました。
さまざまな部署と協力し、病院スタッフに丁寧な説明を重ね、理解を得ることができました。この業務を通して、病院スタッフを含め多くの医療従事者と接することができ、あらためて自分が医療に携わる仕事をしているのだと実感できました。

先輩、上司、後輩について教えてください

分析データ取りの際など、自分が困ったときに周囲に声をかけやすい環境

分析で思うようなデータが取れないときは同期や先輩、上司に相談することがありますが、色々な視点でアドバイスをいただくことができます。自分が困ったときに声をかけたりしやすい環境が、日本メジフィジックスにはあります。もちろん会社としてスケジュールが決まっていますので、それに間に合うように作業するのが前提ですが、スケジュールを考えつつ若手に考える時間を与えてくれます。スケジュールが迫っているときは誘導してくれることもあります。仕事を通して成長できるよい環境が整っていると思います。

日本メジフィジックスを選んだ理由はどのようなことでしたか?

フレンドリーで印象が良く、直感的に「自分に合いそう」と思った

大学時代は薬学部に在籍し、放射性化合物に関する基礎研究をしていました。会社を選ぶとき、これから長い時間を過ごすことになるため、雰囲気が自分に合うかどうかを重視し選びました。また、核医学が大学で勉強した分野と近かったというのも、選んだポイントの一つです。

日本メジフィジックスに入社した方にお話を伺ったとき、フレンドリーで印象が良く、直感的に「自分に合いそう」と思いました。面接のときにお会いした人事部の方も魅力的で、良い会社だと思いました。入社してからも、その印象は変わっていません。誇りを持って仕事をしている社員が多く、日々刺激を受けています。

今後の目標を教えてください

実績を積み重ねて先輩からも後輩からも信頼される人間として成長したい

周囲から信頼される人間として成長したいです。先輩や上司からは安心して仕事を任せてもらえるように、後輩からは困ったときに頼られて、アドバイスを求められるように。そのために日々の業務に真摯に取り組み、実績を積み重ねて、周囲からの信頼を得たいと思います。

また自分が納得した形で仕事に携わり、医療の発展に貢献できる医薬品をもっと世の中に出したいです。現在の仕事は分析が主ですが、経験を重ね、若手が取ったデータを第三者の目線で確認する、という作業も任されたいです。また、将来的には新薬研究も手掛けてみたいと考えています。

現在、就職活動をしている学生に、アドバイスをお願いします

プロとして実験する場として、気持ちを引き締めて来ていただきたい

「今まで自分が何をしてきたか」ではなく、「自分には何をすることができ、どのように貢献できるか」をアピールした方が良いと思います。

大学生の研究と仕事としての研究は違います。学生も実験しますが、会社ではお金をもらい、プロとして実験するのが一番の違いでしょう。データ取りにしても、会社としてやるならば、それは医薬品の承認を得るための、当局への申請資料となります。責任が多く大変な時もありますが、そのぶんやりがいも大きいので、気持ちを引き締めて来ていただきたいです。

関連リンク

  • 核医学とは[別ウィンドウ]
  • 日本メジフィジックス企業サイト[別ウィンドウ]

採用に関するお問い合わせ

〒136-0075
東京都江東区新砂3-4-10

Tel
03-5634-7306
Mail
nmp-saiyo@nmp.co.jp

このページの先頭へ