営業担当役員からのメッセージ

ホーム > 求める人材 > 営業担当役員からのメッセージ

日本メジフィジックスでしかなりえないMR像

営業担当役員 瀬谷 秀之

当社は放射性医薬品という特殊な医薬品を扱っているということもあり、MRといっても学生の皆さんがイメージされている“医師にお願いして医薬品を買っていただく”という仕事ではありません。
むしろユーザーである医師や放射線技師が、放射性医薬品についての情報を必要とされており、それに対し正しい情報を提供するのが役割です。
具体的には、放射性医薬品は副作用が少ないということから始まり、どのように使い、どのような診断情報が得られるのか、あるいは、どういった検査方法があるのかといったことをユーザーにご理解いただけるよう説明します。
その過程において、こちらから情報提供するだけでなく、ユーザーから発信される情報も積極的に収集しますので、そこで得られる知識もかなりのものになります。もちろん上司や先輩から教えてもらって得られる知識もありますが、そうやって自分で勉強する以外に、周囲の声に聞く耳を持ち素直に受け入れることのできる人は、MRとしても大きな伸びしろを感じさせてくれます。

また、核医学は現在も発展途上の分野ですから、それをわれわれが伸ばしていくという面白みと矜持を味わえるのも、当社のMRならではといえるでしょう。

ユーザーの先生方にも勉強いただく分、MRはさらに勉強し、知識を先取りしなければなりません。幅広い知識も必要になりますし大変なことではありますが、この会社でしかなれないMR、この会社だからこそなれるMRと、自分の位置付けに誇りを持てるのです。

1年ごとにMRとしてステップアップを

私たちは最初から成績優秀なMRが欲しいわけではありません。MRは現場での経験を積み重ねることによって成長していくものだからです。

1年目のMRに求めることは、まずは慣れること。最初は先輩に付いて歩き、現場の雰囲気を知り、先輩の働き方をよく見て、自分の仕事の舞台に慣れることです。次に、ひとりで病院を訪問するようになったら、ユーザーからの信頼を得ること。信頼とは相手の要望に応えることで得られるものなので、真面目に真剣に対応し、その場で応えられない場合でも会社のサポートのもと、確実に応えることが必要です。

研修で学んだ勉強と勝手が違うと、最初はとまどうこともあるかもしれません。また、現場では同じ検査であってもユーザーごとに求めるものが違っていたりもします。そういうことに対して画一的ではなく幅広く対応できるようになれば、それが自分の知識として次のユーザーとのやりとりで生かされるようになります。1年目からそこまでできるようにとは言いませんが、そういった点も意識して欲しいですね。

2年目、3年目はユーザーから聞かれたことをその場で答えられるようになること、即答できない場も自分で調べて答えられるようになること。そして調べたものの内容がしっかり理解できること。つまりMRとしての「人間力」だけでなく、より専門的なスキルに磨きをかけてもらいたい時期です。
そして5年目くらいになれば、今度は後輩に対して教える立場になります。それがいい意味でのプレッシャーになり、教える・伝えることで今まで培ってきた勉強の成果を出すこともできます。また、5年目ともなるとユーザーからの信頼も厚く、自分の担当エリアはしっかりフォローできるようになっていますし、そうであって欲しいと思います。

そして最終的に日本メジフィジックスが求めるMRとは、「ユーザーから信頼されるMR」です。つまり、入社1年目に対して求めるものと同じものなのです。信頼されるとは言葉にするのは簡単ですが、それだけ難しく、奥が深いということなのです。

失敗を恐れず、積極的に前向きに

私自身は入社以来20年以上、MR一筋でやってきました。その間にMR像も少しずつ姿を変えています。かつては製剤の特徴を伝えることがメインでしたが、今のMRにはさらに専門的な知識が求められています。また、製剤も昔はひとつずつ新しいものが登場したのでそのつど覚えればよかったのですが、今は20数品目について一気に覚えなくてはいけません。つまり、MRはますます専門職の色が濃くなってきているといえるでしょう。

最初から優秀な人はいません。失敗することもあれば、壁にぶつかることもあるでしょう。失敗を恐れず積極的に取り組む前向きな人こそ、私たちの求める人材です。前進しようという意志があれば、5年後には必ず一人前のMRになっているはずです。ある営業所長は、いつもMRたちに「薬を売るな、自分を売れ」と言っているそうですが、それこそまさにわれわれが求めるMRをよく表している言葉です。

私たちが長い目でMRの成長を見守るように、MR自身も、この先の自分がどんなMRになっているか、しっかりイメージしてもらいたいですね。

2016年9月時点

関連リンク

  • 核医学とは[別ウィンドウ]
  • 日本メジフィジックス企業サイト[別ウィンドウ]

採用に関するお問い合わせ

〒136-0075
東京都江東区新砂3-4-10

Tel
03-5634-7306
Mail
nmp-saiyo@nmp.co.jp

このページの先頭へ